考え方について

【不安】ってそんなに悪いもの?

こんにちは!「話をするだけで腰痛が軽くなる♪」仙台市在住腰痛改善アドバイザーの
森田薫です♪”腰痛のもりたさん”と呼んでください♡

今日は「不安」「不安感」についてのお話です♪

不安が強い人

不安が多い人、心配性な人ってたくさんいらっしゃいますよね?
慢性の痛みをお持ちの方にも不安感が強い人がとても多いと思います。

「いつも痛いわけではないのに、また痛くなったらどうしようと常に
 考えてしまうんです。」
「以前感じていた痛みがを思い出して、またああなったらどうしようと
 考えてしまうんです。」

強い痛みや、痛みに伴う不快な感情は脳にしっかり記憶されるともいいますからね。

このように「不安」が強い方はどうしても思考が「不安」に向かってしまうために
ネガティブな感情で頭がいっぱいになってしまいがちです。

ちなみに私は、基本的には不安が少ないほうです♪
考える前に動く、深く考えない、楽観的、なんとかなるさ~♪

そんな私から見ると不安がある方や心配性な方がうらやましいと思うこともたくさんあるんです♪♪

不安があることでいい面もある♡

不安が強あることで得られるメリットって、実はたくさんあるんです♡

・物事に慎重
・事前の対策がしっかりできる
・準備するから失敗が少ない
・ある程度想定しているから失敗した時のダメージも少ない

要は起こりうるリスクをしっかり想像できる!って言うことですよね?
これって私のような人間からするとうらやましい限りなんです!

ちなみに私は・・・
・行き当たりばったり💦
・準備しないで動くからよく失敗する💦
・失敗してから気付く💦
・できると思ってるからダメージ大きい💦

ってまるでアホの子みたいじゃないですか・・・(;・∀・)
こんな私はもっと不安を感じたり、心配したりすることによって
もうちょっと立ち止まりたいって思う時があるんです!

みんな無いものねだり

でも私はそうはなれないという事を知っています。
だってこれが私だから(笑)

やろうと思ったってできないんです。心配しても「やってみなきゃわかんない!」って
またアホの子が出てくるんです(笑)

逆に不安が多い、心配してしまう方は私のように「エイヤッ!」と物事を進めたり
することはできないと思います。そういう人だから。

だから無理して不安を感じないようにしなくてもいいんです。
「不安を感じるのが私なんだ」
そう思って、そのままの自分を受け入れてください。

私があなたになれないように、あなたは私のようにはなれません。
でも他の人をみて「ああなりたい!」って思ってしまうんですよね。

それでも不安を止めたい時はどうする?

それでも不安を感じ続けるのに疲れてしまって、どうにかしたい方はどうすればいいでしょうか?そんな方はこうしましょう♪

不安を感じている自分に気付く
⇒不安は未来に対して起きるもの。「それは事実?」と自分に問い
かけてみましょう

不安を感じている自分を俯瞰でみてみる
⇒なるべく客観的に。「ふーん。そんな不安があるんだ」という感じで

「もっと考えたい?」と自分に問いかける
⇒考えたいなら飽きるまで考えさせましょう
考えたくないなら次の工程へ

不安について考えたくないなら、そこでやめる(笑)
⇒これ以上考えたくない、考えても無駄だと思ったらそこでやめましょう
おススメは「ここで終わり!」「以上!!」と自分に言うこと

これだけです♪
また不安が起きてきても繰り返しこれをするだけ♪

疲れるからだんだん考えないようになると思います(笑)

何事もやってみないと分かりません!
騙されたと思って一度試してみて下さいね~♡

ママのための『産後の腰痛 なんでも相談室』
始めます♪

実は病院や治療院に行っても腰痛が改善しない人がたくさんいます。
そしてほとんどの産後の腰痛は自宅でできるセルフケアで改善できるんです。

『産後の腰痛 なんでも相談室』ではあなたの腰痛のお悩みになんでもお答えします。

・腰痛が辛いけどとりあえずどうしたらいいのか知りたい
・私の腰痛、病院に行った方がいいのか知りたい
・骨盤矯正に通っているんだけど良くならない。どうして?
・この痛みはいつまで続くのか不安でしょうがない
こんなお悩みに対して個別にお答えします♡

『産後の腰痛 なんでも相談室』への参加方法

①LINE@へ登録
②『産後の腰痛 なんでも相談室』とメッセージしてください
③その後返信がありますので、相談内容をメッセージしてください
④ご相談に対する返信をお送りします

お気軽にご相談ください♪
あなたの腰痛を軽くして、楽しく育児をできるお手伝いをさせていただきます♡

LINE@へのご登録はこちらから♡

友だち追加